在宅ワークの1つクラウドソーシングについて

「在宅ワーク」というと一昔前なら、内職って言われてましたよね。むかしだったら封筒をこつこつお家で作るようなイメージだったのですが、パソコンなどの情報機器が腐朽してきたのでそれに伴って、個人が在宅形態で自営的に働く在宅ワークができるようになりました。それぞれの事情に合わせて柔軟に働くことができる在宅ワークは、仕事と生活を調和させることができる新しい働き方として、内職とはやってることは大して変わらないのですけど、注目されるようになってきたのです。
ですので、例えば子育てや介護をしながら仕事ができる内職として「在宅ワーク」という呼び方は広まってきています。自分で時間調整がしやすい一方で、納期に間に合うよう段取りも自分でマネージメントしないといけませんので、自営的な考えと動き方が重要になってきます。
たとえば、クラウドソーシングでの仕事は、個人としての専門能力のみが評価されるお仕事ですので、組織のブランドではなく、個人がブランドなり、自分の能力を磨いてブランド築き上げていくことで競争に打ち勝っていくお仕事です。
ちなみにクラウドソーシングとは、「ある仕事案件に対し、その案件に関する作業や案件のアイデアなどをインターネットで募集して、その案件に対して応募してきた不特定多数の人(Cloud)に、業務委託(Sourcin)をする」という仕事の方法のことをさします。
クラウドソーシングには専門の募集サイトもあります。
クラウドソーシングサイトでは、作業レベルを明確に提示してくれていますので、それらのルールに従って作業時間や、スキルレベル、報酬などのがわけられており、応募側はそのルールに従って自分のスキルに合ったお仕事を選択できます。また、お仕事の報酬のルールについても、時間で計るのか、案件ごとに計るのかなどがルール分けされにサイトに記載されていますので安心して探すことができます。ただし、手数料が意外と高いのでそのあたりも注意しないと手数料を稼ぐような本末転倒なお仕事をすることにもなりかねませんので注意が必要です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ