サラリーマンの副業を会社に発見されずに行う方法

サラリーマンの副業は会社によっては規則で認められていないこともあると思います。ここではそんなサラリーマンの副業を会社に発見されず行うためのポイントについてご説明します。絶対にやってはいけない方法がお店でのアルバイトです。これは一番会社に発見されやすい副業です。お店ではアルバイトの人の分も個人ごとに税金を源泉徴収として税務署に報告します。この税金額はあなたの収入として税務署が管理しているので年末の年末調整時に税務署から会社へ報告されてしまいます。これと同様に他の会社と請負契約を結んで行う仕事は基本的に出来ないと考えてください。これは例えネットであっても会社として給料制で働く場合には同じです。基本的にこういった副業は出来ないと考えておいてください。

ではどういった副業であれば発見されないのでしょうか。まず考えられるのは株式の取引です。株式ではもちろん会社との契約ではありません。自分で好きな株を買い取引で上がった分の利益を得ることが出来ます。これが発見されない理由は取引の利益を得たときに証券会社が源泉徴収として支払う税金を取引ごとに支払っているからです。税金の支払いを証券会社経由で行っていると思ってもらえばわかりやすいでしょう。これはまず100%発見されない方法です。

でも株式ではリスクもありますし、一定の報酬が欲しいですよね。副業ばれない方法と言えば有名のネットでの副業はどうでしょうか。ネットでの副業で得た報酬は基本的に確定申告が必要です。確定申告をしないという選択肢は法を犯しているので追徴課税される可能性が高くなります。これは絶対にやめておきましょう。ここでは確定申告をした上で会社に発見されない方法をご紹介します。確定申告をするとその税金は税務署に直接収めることが出来ます。これは会社の給料から天引されたことによる源泉徴収とは全く別の計算になります。よって税務署から会社に知られることはありません。

もう1つ重要なのは市町村区役所の住民税です。住民税については所得税とは違い税務署では無く役所経由で会社に報告がされます。これについては別途役所に住民税の申告をすることで役所から会社への報告を回避することが出来ます。これについては申請時に「個人で得た報酬分の住民税は直接役所支払います」という「普通徴収」という方法で回避することが出来ます。ただし実際に徴収されるタイミングは申請時では無く別途通知で行われます。なのでこれが確実に行われるよう申請時に「この申請で住民税は個人あてに郵送されますよね?」と確認してください。この方法で会社に発見することなくサラリーマンの副業を行うことが出来ます。ぜひ実践してみてください。

会社にバレずに副業をするのは簡単ですが、お金を稼げるかどうかは簡単ではありません。
初心者の人の為におすすめのサイトを数サイト紹介したいと思います。
まずは、これです。
お金がほしい方へ!稼げるばれない副業紹介! – WEST

このサイトは副業をしようとしているサラリーマンにピッタリです。お金がほしい方に普通の副業を紹介しているのではなくて、稼げる副業を紹介しているところがポイント!最初は本当に稼げるの??って思っていたんですが、実際にはかなり稼げます。なので、サラリーマンの方には確実に参考になりますよ!!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ