サラリーマンでもできる副業にはどんなのがあるの?

今はネットやスマホが普及して副業にも様々な形態が出てきました。では、サラリーマンでもできる副業にはどのようなものがあるのでしょうか。今日はサラリーマンの副業にスポットを当てて、どんな副業があるのか、そしてそのメリットデメリットについて記したいと思います。

まず、誰にでもできるサラリーマンの副業から記したいと思います。最初におススメするのはクラウドソーシングです。このクラウドソーシングとはネットを使って、仕事を依頼する人と受ける人を結ぶサービスです。クラウドソーシングにも様々な仕事があります。中にはかなり専門的な知識がないとできないものもあります。しかし、今日おススメしたいのはその中でも誰にでもできる副業です。それはライティングです。クラウドソーシングにはたくさんのライティングの案件があります。各ライティング案件にはそのテーマとなる話題やキーワードがありますので、それについて指定された文字数でライティングすれば終わりです。ですので、特に難しい専門知識は必要ありません。

このライティングの副業のメリットは何でしょうか。それは初期投資がほとんどいらないということです。パソコンとネット環境があれば始めることができます。さらに、自分の空いている時間に行うことができます。仕事が終わって家に帰ってから、テレビを見ながらでも行うことができます。では、デメリットは何でしょうか。やはり1個1個の案件の単価が安いということです。100円とか200円とかですので、コツコツと数をこなさないと月に2,3万円を稼ぐことはできません。空いている時間でできますが、ちゃんと毎日でも時間を取らないとまとまった収入にはならないということです。

では、次にサラリーマンの副業としてできるものは何でしょうか。それは今、話題となっているaribnbのホスト(貸し側)です。airbnbは民泊として自分の不動産を提供するサービスです。今はaribnbのホストが副業として注目を集めています。

では、airbnbで副業するメリットは何でしょうか。立地や物件が良ければ予約が絶えない可能性があるということです。特に、これからオリンピックなどのイベントも多く、海外からの旅行客も増えます。ますます市場としては盛り上がるはずです。また、最初に応対のマニュアルを作っておくと、あとはそれほど手間と時間をかけずにこなすことができます。では、デメリットは何でしょうか。デメリットは初期投資が必要であることです。空いている不動産があっても、部屋の家具家電を整える必要があります。また、ある程度の英語ができないとホストとしてゲストを迎え入れるのを難しく感じます。

以上のようにサラリーマンの副業として今日は幾つかご紹介しました。今の自分の現状に合わせて、始めてみてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ