色々な選択肢がある、お金を稼ぐ方法

10年以上前では、銀行に預けてさえいれば、何もしなくてもどんどんお金が増えていました。しかし近年では、銀行に預けていても毎年、数十円から数百円しか利息がつかない場合がほとんどです。また、最近ではマイナス金利政策まででてきて、銀行に預けっぱなしでは、お金が一向に増えない世の中になってしまいました。
そこで思いつくのが投資やFXです。投資やFXではしっかり勉強して傾向と対策を練れば、短期間で少ない金額から一気にお金を稼ぐこともできます。中でも最近人気がでてきたのがFXです。FXはしっかり勉強をすれば、少額しか資金がなくてもかなり稼ぐことができます。また、外貨についてある程度知識があれば、外貨預金もお金を稼ぐ方法ではおすすめです。外貨預金はとにかく金利がよく、普通の預金と同じような感覚でできるので、とても簡単です。私自身も数年前かなり円高だったときにドル預金をして、最近円安になってドルを売り、結構お金を稼ぐことができました。私の中で、最も簡単にお金を稼ぐ方法は投資信託です。投資信託では自分が銘柄などを決めなくても良いので、とても簡単です。
これらの方法を使ってお金を稼ぐ方法は、もちろんかなり勉強して、リスク面についても知っておく必要がありますが、それに加えて長期的に使用しなくても大丈夫なお金も必要だと思います。銀行に何年も預けっぱなしなお金がある場合はこういった方法を利用するのも良いと思います。
中にはリスクの伴わない形で、お金を稼ぐ方法が知りたいという人も多いと思います。そこでおすすめなのが、預金形態について考える方法です。確かに最近は銀行の金利はかなり低いですが、ネット銀行や地方銀行などでは、キャンペーンで割と良い金利の預金を扱っている場合もあります。
例えば地方銀行では、県の野球チームが優勝すると金利がよくなるサービスなどがあります。他にもネット銀行などでは、特別金利の定期預金やプレーオフなんかも商品として出しています。プレーオフはおすすめで、これも長期的に動かす予定のないお金がある場合は、プレーオフで預けるとお金を稼ぐことができます。プレーオフは簡単に言うと1年から10年の間で満期の時期を設けないでお金を預金する方法です。途中解約をすれば元本割れしてしまうのですが、お金を使う予定がない場合は、プレーオフを利用したほうが、普通に預金するよりもお金を稼ぐことができるので、おすすめです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ